2020年 10月 の投稿一覧

マスクの中のお口は…?

こんにちは。院長の内山です。

 

秋も深まり、本格的に冬の到来を感じるようになりました。

そろそろ風邪やインフルエンザも気になってくる季節。

今年はコロナ禍ということもあり、例年以上に感染症予防に取り組みたいところです。

基本の手洗い・うがいの励行、インフルエンザワクチンの接種など、できることはたくさんありますね。

 

 

唐突ですが、マスクをつけてこのブログを読んでいる方に質問です。

「今、マスクの中のお口は閉じていますか?」

 

マスクを着用していると、本人も気づかぬ内にお口での呼吸(口呼吸)が増加する傾向にありますが、

人間は本来、呼吸は鼻で行い、口は食物を取り入れるようになっています。

 

 

鼻は鼻毛や鼻腔粘膜を通る過程でホコリや花粉、ウイルスや細菌などの大部分をブロックしてくれるようになっています。フィルターやマスクのような役目をしてくれているのですね。

また、冬の乾いた空気を吸いこんでも、鼻の中を通って肺に到達する頃には加湿された暖かい空気に変わっています。

 

しかし、元々食べ物を取り入れるための器官である口やのどにはそのような役割をしてくれる機能が備わっていません。

ゆえに、鼻呼吸ではブロックされるウイルスや細菌などが素通りで体内に侵入でき、冷たい乾いた空気が直接肺に取り込まれてしまいます。

 

 

感染症対策として鼻呼吸の方が良いことは言うまでもありませんね。

 

他にも、鼻呼吸で受けることができる恩恵は例えばこんなものがあります。

・脳への酸素流入量が増加し、脳が活性化される

・お口の中が乾かないので、殺菌作用のある唾液量が減らず、歯周病やむし歯、口臭の予防となる

・基礎代謝がアップする

 

無意識のうちに口呼吸になっていることが多いので、「口を閉じている」ことを意識するように心がけましょう。睡眠中の対策には肌に優しい医療用のテープを貼って口が開くのを防止するのも一つの方法ですよ。

 

定期健診を受けていますか?

こんにちは。院長の内山です。

 

だんだんと涼しい日が増え、過ごしやすい気候になってきました。

まだまだマスクが手放せないご時世ですが、外でつけていてもだいぶラクになってきましたね。

 

さて、みなさんは歯科にはどのような時に行きますか?

 

「歯が痛い時」

「歯肉が腫れた・出血した」

「つめものやかぶせものが取れてしまった」

 

など、何か困ったことが起きてから行く場所だと思っていませんか?

 

 

日本歯科医師会が公表している全国の15~79歳の男女1万人を対象に行ったインターネット調査

https://kyodonewsprwire.jp/prwfile/release/M101463/201807206173/_prw_OR1fl_kQcYv0cU.pdf

の結果によると、歯科治療経験者の63%はかかりつけ歯科医がいると答えながらも、定期的に歯科受診をしている人はわずか31%でした。「これまでの人生を振り返ってもっと早く健診や治療をうけておけば良かったと思っている」のは75.7%いう結果も出ています。

 

 

また、別のある調査結果では、歯の健診目的での直近1年間の受診回数が「1回~2回」が日本30.4%、アメリカ55.4%、スウェーデン65.5%。「受けていない」はそれぞれ57.5%、35.1%、32.4%でした。アメリカやスウェーデンでは多くの人が痛くなる前、何か不都合が起きる前に歯科に行くことがわかりますが、それに比べ日本ではその「予防」の意識が低いといえます。

https://www.lion.co.jp/ja/company/press/2014/pdf/2014023.pdf

 

 

もちろん日本でもここ数年で予防に対する意識は向上していると言われています。

 

まだお口の中が健康な頃から定期健診を受けておくのとそうでないのは、歳を重ねてからの残存歯数や歯肉の健康に大きな差がでます。それはまた、健康寿命や、おいしく食事をとる、会話を楽しむ…という「毎日をどのように過ごすことができるか」ということにも大きく影響するのです。

 

日々忙しく過ごしていらっしゃるとは思いますが、「未来の自分へのプレゼント」のためにぜひ時間をとって定期健診を受けてくださいね。