マスクのニオイ

こんにちは。 院長の内山です。

 

7月も下旬となり、いよいよ夏がやってきました。

暑くてもマスクが必須のご時世、熱中症にはくれぐれも気を付けてお過ごしください。

 

ところで、マスクをしていて、口臭が気になることはありませんか?

口臭の原因とはいくつかあります。

・口腔内にいる細菌が発するニオイ

・内臓疾患等によるニオイ

・ニンニクなどのニオイの強い食べ物やタバコのニオイ

・緊張やホルモンバランスの乱れによるもの      など…

 

色々ある原因の中で最も多いものが1つ目の「口腔内の細菌によるもの」です。

歯周病菌が発するガスやむし歯菌によるニオイ。

 

 

歯垢や歯石、舌苔…これらは細菌の巣窟です。また、これらを放っておくと歯周病やむし歯の原因にもなります。

これらの「細菌」を取り除くと口臭は軽減します。ぜひ歯科で定期的にケアを受けてください。

 

また、マスクを付けて呼吸をしているうちに、唾液がマスクに付着し、マスク内の湿度が上がり、雑菌が繁殖しやすくなります。特に気温の高い夏は繁殖しやすいと言えます。

 

また、鼻呼吸は口呼吸よりもウイルスを体内に取り込みにくいので、できるだけ鼻呼吸をすることを心がけるようにしましょう。マスクをこまめに交換することもいいですね。