お口ポカンとインフルエンザ

こんにちは。院長の内山です。

 

いよいよ寒さも本格的になりましたが、みなさんいかがお過ごしですか?

今年は例年よりも早くインフルエンザの流行が始まったようですね。予防接種を早く受けなくちゃ…と焦っている方も多いのではないでしょうか。手洗いうがいも大切ですね!

 

 

…突然ですが、

気がつくといつもお口がポカンとあいていることはありませんか?  

お子様はどうでしょう?

実は、この「お口ポカン」は、インフルエンザや風邪にかかりやすくなる要因のひとつなんです。

 

いつもお口の中を潤してくれている唾液には、浄化・抗菌作用があり、お口から体の中に細菌が入り込まないように守ってくれています。

しかしお口がポカンと開いた状態だと口腔内が乾燥し、唾液の分泌が減り、その機能が低下してしまうのです。

 

その他にも、お口がポカンとあいた状態が続くと、

・歯並び

・口臭

・むし歯や歯周病

・食べ方、飲み込み

 

などにも悪影響があります。(そのほかにも色々あります…)

お口がポカンとなってしまうのは原因があることが多いので、気になる方はご相談くださいね。

 

もちろん色々と対策をしていても、インフルエンザや風邪にかかってしまうことはありますよね。そんな時は周りにうつさないことが大切です。

「コンコン…」と咳が出始めた時に大切な、「咳エチケット」について記載しておきます。参考になさってくださいね。

 

(以下、厚生労働省HPより引用)

【咳エチケット】

◇咳・くしゃみが出るときは、他の人にうつさないためにマスクを着用する。マスクを持っていない場合は、ティッシュや腕の内側などで口と鼻を押さえ、他の人から顔をそむけて1m以上離れる。

◇鼻汁・痰などを含んだティッシュはすぐゴミ箱に捨て、手のひらで咳やくしゃみを受け止めた時はすぐに手を洗う。

◇咳をしている人にマスクの着用をお願いする。